年末までにやっておくこと!iPhoneバッテリー交換

年末は年越しに向けて自宅で色々とやることが増える。
その中のタスクとして、私はiPhoneのバッテリー交換が必須項目です。

もうご存知の方もいると思いますが、
iPhoneは該当機種に限りバッテリー交換を3,200円(税別)で2018年の年末まで受け付けています。
通常は8,800円。
※AppleCare+加入の場合は「0円」

対象モデルiPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X

私のiPhone7Plusもその中の1機種でせっかくなら交換しておくべきだと思い、
早速、アップルストアから依頼。

バッテリー交換依頼について色々あると思いますが、
私はアップルのサイトからログインし、バッテリー交換依頼を行いました。

マイデバイスから該当iPhoneを選び、
画面下の修理サービスを申し込むをクリックします。

2018年iPhoneバッテリー交換3,200円

 

次にバッテリーと充電を選択。

2018年iPhoneバッテリー交換3,200円

 

バッテリー交換、もしくはバッテリーに修理が必要である。を選択。

2018年iPhoneバッテリー交換3,200円

 



ここで私はチャットを選択して、
サポートの方とチャットで依頼をお願いしました。

2018年iPhoneバッテリー交換3,200円

 

電話でもいいと思いますが、
チャットの方が履歴が残り後で見返すことができます。

2018年iPhoneバッテリー交換3,200円

 

また、この時期は駆け込み需要もあり、
店舗持ち込みはほとんど埋まってしまっているので、端末を送って交換してもらうしかありません。
3,200円(税別)でできるんだから交換するよね。

2018年iPhoneバッテリー交換3,200円

電話でもチャットでもここで配送手続きまで行ってくれるので
一通り説明を聞いたら、端末のバックアップと「iPhoneを探す」機能をオフにします。
必要最低限行う設定については、サポートの方に手順を聞けば丁寧に教えてくれます。

・Appleのサポート体制が素晴らしい。
・電話・チャットでの受付もスムーズ。
・Appleサポートは本当に親切丁寧で安心できる。

 

決済についてもチャットもしくは通話をしながら、
メールを送ってくれるのでリンクをクリックしてクレジットカード情報を入力します。
バッテリー交換にかかる費用が表示されるので問題なければ決済します。

2018年iPhoneバッテリー交換3,200円

基本的に本体に傷などがなければ、3,200円(税別)以外はかかりませんが、
故障などあった場合は追加料金がかかる可能性もありますので、事前にサポートの方へ伝えた方がよいでしょう。

iPhoneのバッテリー交換の際何が必要なのか?
どうすればよいのかわからない方や躊躇意している方はまずサポートに連絡してみましょう。
丁寧に説明してくれます。
バッテリー交換が3,200円(税別)のため、駆け込み需要で店舗持ち込みできない可能性がある。
仕事で使用する人は代替え端末を持っていないと難しい。

 

有給を使って早めにお休みに入る方など
この機会にバッテリー交換を行ってみてはいかがでしょうか。



“年末までにやっておくこと!iPhoneバッテリー交換” への3件の返信

  1. ピンバック: macOS Mojave 10.14.2 アップデートが終わらない件... - MouseChord.com

  2. ピンバック: iOS13で3世代がサポート対象外になるって本当? - MouseChord.com

  3. ピンバック: iMacで「?」マーク点滅表示の原因対処について - MouseChord.com

コメントを残す