親指サイズ「Insta360 GO」ペットに取付け可能?!

(出典:Insta360)

Insta360から親指サイズの超小型カメラ「Insta360 GO」が正式発表されました。

ほんとに親指サイズですね!しかも18.3gという軽量なボディ。
小さいけれど手ブレ補正(FlowState搭載)、防水対応(IPX4)、タイムラプス、スローモーション、AI編集などの機能あるみたいです。
これだけ小さければ、ペットに取付けて撮影してみるのも面白かも!

ただし「Insta360 GO」は360度撮影ではなく、広角レンズを搭載します。

Insta360 GO同梱品✅ Insta360 GO + 充電ケース
✅ 取扱説明書
✅ microUSB – USB Type C変換ケーブル
✅ 磁気ストラップ
✅ 簡易クリップ
✅ クリップパッド
✅ 吸着パッド
✅ ピボットスタンダード + ピボットスタンダードベース
✅ 充電ケーブル
Insta360 GO仕様 動画解像度
✅ 標準: 2720×2720@25fps(撮影時)/1080@25fps(アプリ経由でエクスポートの場合)
✅ インターバル撮影: 2720×2720@25fps(撮影時)/1080@25fps(アプリ経由でエクスポートの場合)
✅ タイムラプス: 3040×3040@30fps(撮影時)/1080@30fps(アプリ経由でエクスポートの場合)
✅ ハイパーラプス: 2720×2720@30fps(撮影時)/1080@30fps(アプリ経由でエクスポートの場合)
✅ スローモーション: 1600×900@100fps(撮影時)/1600×900@30fps(アプリ経由でエクスポートの場合)

写真解像度
✅ 3040×3040(撮影時)
✅ 1:1 – 2560 x 2560でエクスポート
✅ 16:9 – 2560×1440でエクスポート
✅ 9:16 – 1440×2560でエクスポート

✅ 動画フォーマット:insv(撮影時)/mp4(アプリ経由でエクスポートの場合)
✅ 写真フォーマット:insp(撮影時)/jpg(アプリ経由でエクスポートの場合)
✅ 動画ビットレート:40Mbps(撮影時)
✅ 動画エクスポートビットレート:30Mbps(アプリ経由でエクスポートの場合)
✅ 手ブレ補正:FlowState(6軸ジャイロスコープ)
✅ 本体ストレージ:8GB
✅ レンズ口径:F2.1
✅ 充電方法:同梱の充電ケースで充電
✅ GO:約20分間(充電ケースは約1時間)
✅ 作動時間:1日約200クリップの撮影可能



価格は2万3800円。
他のアクションカムなどに比べるとお手ごろ価格。

個人的に気になるところで言えば、
既存のアクションカメラと違って動画を撮り続けるということはできません。

動画の長さは、
標準、インターバル撮影、スローモーション: 15秒または30秒。の制限あり。
原因としてはコンパクトゆえの発熱対策だそう…。まぁこれだけ小さければしょうがないですね。
※アプリのアップデートで最大60秒まで対応予定。

あとはフレームレートが25fpsというところですかね。
フレームレートを気にする方は結構いると思いますがどうでしょうか?

撮影に関しては、本体をタップするだけで動画が撮影/停止ができる仕様のようです。
専用の磁気ストラップが付属しているので、シャツ裏側に取付けて本体をタップすれば撮影開始です。

親指サイズ「Insta360 GO」ペットに取付け可能?!(出典:Insta360)

最初からマウントする付属品が豊富に揃っているため、
あとから購入する必要はないのでこれは嬉しいですね!
親指サイズ「Insta360 GO」ペットに取付け可能?!(出典:Insta360)

Insta360 GOは、アプリ内に「フラッシュカットAI編集」という編集機能が搭載されているので、
テーマを選ぶことで音楽と動画を自動で編集して統合した動画を作ってくれます。
親指サイズ「Insta360 GO」ペットに取付け可能?!(出典:Insta360)

自分で編集するのが苦手な人には嬉しい機能ですね。

Insta360 GOは長時間撮影などはできませんが、
旅行やイベントのワンシーンなどをこまめに残すような使い方に向いていそうです。
カメラ撮影やアクションカムよりも手軽に簡単に撮影できるのが魅力ですね。

気になる方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?


Insta360 Go 1080P アクションカメラ ビデオカメラ FlowState搭載 タイムラプス ハイパーラプス スローモーション 手ブレ補正機能  Insta360 Go
 
 
 
 


コメントを残す