電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップReview

投稿日: 2019年5月8日 / 更新日:2020年6月9日

みなさんコーヒーや紅茶は飲みますか?その際、ミルクやシュガーを入れると思いますが、混ぜるときにスプーンやマドラーを使いますよね?スプーンであれば洗う手間が増えるし、使い捨てのマドラーであればダイソーなどで購入する必要があります。

この2つの手間を省いてくれるマグカップを見つけました。
今回紹介するのは「熱エネルギーを利用して自動攪拌してくれるマグカップ」になります。
ガジェット好きにはたまらないアイテムです。

購入理由

実はこのマグカップ2月末くらいに届く予定でしたが、コロナウイルスの影響で届いたのが4月下旬。
さて、購入理由を下記にまとめます。

購入理由 使い捨てマドラーの購入する手間を省きたかった。(エコ化)
スプーンの場合に洗う手間を省きたかった。
混ぜ残し防止。
ガジェット魂!

4つ目の「ガジェット魂!」は置いといて、これまではダイソーで使い捨てのプラスティック製マドラーを購入してましたが、やはり使い切ってしまった際「スプーンで混ぜて後で洗う」この手間が面倒に感じてました。マドラーもすぐに買いに行くわけではないし…。

また自宅では豆を挽いてコーヒーを淹れたりしますが、ブレンディステックなどインスタントコーヒーも利用します。その時、飲み終わった後に粉溜まりがあったりすることが多々あります。そこで、効率良く混ぜたくて何かよいものがないかと調べてたらこのステンレスマグカップを見つけたと言う流れ。

中身CHECK

ではさっそく中身を見ていきましょう!
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review

自動攪拌ステンレスマグカップ仕様 重量:285g (カップ含む)
容量:250 – 300ml
サイズ:高さ10.5 × 横11.5(取手部分まで) × 9.0cm(カップ直径)
85度のお湯を55度まで攪拌して約3分で冷まします。

熱エネルギーを変換する構造になっているようですね!

電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review

(出典:aliexpress)
 

見た目は普通のマグカップですね。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

マグカップの底は滑り止め防止のシリコンゴムがついてます。(これは地味に嬉しいです)
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

フタには密閉用にゴムが付いてます。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

そして蓋の裏には何やら気になる小さなものが…。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

薬サイズのマグネットが取り付けられてます。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

このマグネットを底の中心に置きます。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

マグネットのためちょっとやそっとじゃ外れません。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

ではさっそくお湯を注いでみます。みるみる内に渦を巻くように回転しているのが分かります。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

これは感動もの…本当に凄いですね!
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

実際にレビューした動画を作成したので気になる人はチェックしてみてください。

動画Review(YouTube)

動画作成しましたので、よければご視聴ください。

総評

これは購入して正解でした。手間なくインスタントコーヒーが飲めますね。
実はこのアイテムに似た電池式の自動攪拌マグカップが数年前に発売されてました。しかし、電池を入れて使うためマグカップを洗うときに水が入ったりと気を使いそうだったので手を出しませんでした。(電池も交換する必要があるので)

ただ今回のアイテムは熱エネルギーを利用するので電池不要で丸ごと水洗いすることが可能!
さて、私なりのメリットデメリットを下記にまとめてみました。

メリット バッテリー不要でつかえる。
マドラーやスプーン要らず。
混ぜ残しがなくなる。
丸洗いできる。
デメリット 重量が285gと少し重い。
容量が少ない。
攪拌用マグネットの紛失に注意が必要。
取手に違和感がある。

と、こんなところでしょうか。とにかくバッテリーが必要ないのは安心できます。また、これまでダイソーで購入していたマドラーが不要になるのも嬉しいところです。

デメリット部分で言うと気になるのは攪拌用マグネット紛失です。コレを無くしてしまうと混ぜることができず重いだけのマグカップになってしまいます。購入されたなら気を付けましょう!あと1番気になったのは取手の部分です。最初は違和感が結構ありました。しかし、これはしばらくすると慣れてきます。

今回はAliexpressにて購入してみました。価格は約1,200円
気になる方はぜひチェックしてみてください。

Aliexpress
https://ja.aliexpress.com/item/4000474261372.html

壊れました…原因は?

約1ヶ月ちょっとで攪拌しなくなりました。
原因を調べるためにマグカップの中身を無理やり開けてみました。

原因:湿気による錆でした。

底のシリコン部分から水が入っていたみたいで湿ってました。(小さな穴が空いてます)
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

湿ってるレベルではないですね!濡れてる…
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

配線が入っているところを開けてみます。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

錆びてました…湿気を取りお湯を注いでみましたが無理でした。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review
 

これはマグカップが悪いというわけではなく、洗った後にすぐに水分を拭きとらないといけなかった。ということです。
電力不要!熱エネルギーで自動攪拌マグカップ購入Review

これから同じようなマグカップ購入をご検討されている方は洗った後にすぐ水分を拭き取ることをお勧めします。

コメントを残す