パルスオキシメーター(PulseOxmeter)を使ってみよう!

関東ではようやくコロナの増加が減少しほんの少しだけ安心しています。

管理人
もうこれ以上増加しないで欲しい!

ただ減少したとはいえ、いつ自分もコロナウイルスにかかるかわからないので「パルスオキシメーター」を購入すことにしました。

オキシメーター開封

ということで、気休め程度にアマゾンで値段の安いものを購入!

管理人
気休め程度にやります!

オキシメーター(Oxmeter)を使ってみよう!
 

中身一式
ケースまでついてくれてるのは嬉しいですね!
オキシメーター(Oxmeter)を使ってみよう!
 

バッテリーは単4乾電池
オキシメーター(Oxmeter)を使ってみよう!
 

手のひらに収まるサイズなので持ち運びにも便利そうです。
オキシメーター(Oxmeter)を使ってみよう!

オキシメーター使い方

人差し指を奥まで差し込みます。
オキシメーター(Oxmeter)を使ってみよう!
 

あとは電源ボタンを押すだけ。計測が始まりしばらくすると数値が表示されます。
オキシメーター(Oxmeter)を使ってみよう!
 

またボタンを押すごとに表示を回転させることもできるので、縦で見たい方は調整したほうがよいかもしれません。
オキシメーター(Oxmeter)を使ってみよう!

数値の見方 Sp02%(酸素飽和度)
安静時での健常者のSpO2値は96%~98%の範囲とされているそうです。医師の判断としては93%を下回ると焦り始め、90%下回ると呼吸不全とされるそうです。
SPbpm(心拍数)
基準値:60~100(心拍数の基準値は、年齢・性別によって異なるが1分間に60~100回程度)

管理人
今のところ大丈夫そうです!ふぅ〜
自動電源OFF機能
電源OFFは本体から指を外してそのままケースに入れておけば自然とオフになる仕様です。

総評・まとめ

ということで、今回はパルスオキシメーターの使い方を見ていきました。
私の場合は、かかりつけ医が言うには心拍数は基本的に早いそうです。なので心拍数においては基準値と考えてます。

今のところSp02%(酸素飽和度)に関してはとくに問題はなさそうなので体調が悪くなった時には活用してみたいと思います。(気休め程度に)

皆さんもコロナウイルスは減少傾向に転じてはいますが、こう言った測定器を使って定期的にチェックすることをお勧めします。

“パルスオキシメーター(PulseOxmeter)を使ってみよう!” への2件の返信

  1. ピンバック: コロナ対策!紫外線UV-C除菌機「59S」購入Review - MouseChord.com

  2. ピンバック: コロナウイルス対策!コンフォータブルマスク2nd購入Review - MouseChord.com

コメントを残す