Finalcut ProXデータ容量を減らしてHDDへ保存方法

私の場合、これまでYouTube動画を作成してデータはそのまま外付けHDDにポイっと保存してました。ただ最近容量が増えてきたのでどうにかならないものか悩んでました。

そこでデータの容量を減らすやり方をまとめます。とても簡単です。知ってる人は知ってるんだろうけど…私は最近まで知りませんでした(汗

こんなやり方で30GB以上減るとは…

レンダリングファイル削除

動画編集の際にたまり溜まっていくレンダリングファイルの削除になります。編集が多ければ多いほど溜まっていくみたい。削除は下記の通り。

該当のライブラリを選択
Finalcut ProXデータ容量を減らしてHDDへ保存方法
 

ファイル」→「生成されたライブラリファイルを削除…」を選択
Finalcut ProXデータ容量を減らしてHDDへ保存方法

レンダリングファイルを削除」にチェックを入れて「不要ファイルのみ」を選択
Finalcut ProXデータ容量を減らしてHDDへ保存方法
 

私の動画データで比較します。

Finalcut ProXデータ容量を減らしてHDDへ保存方法

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Finalcut ProXデータ容量を減らしてHDDへ保存方法

 
ただ正直ある程度削除した後のあまりの動画データをキャプチャしてしまっているので削除されてる感はありませんが、だいたい編集の作業が多かったものは私の場合20〜50GBほど減りました

総評

この処理を知っているか知ってないかでどれだけ外付けHDDの容量が増えることか…もっと早く知っておけば必要な動画データを削除せずに済んだのに!

ファイナルカットプロを使用している方は知っておいて損はない方法です。動画編集をしている人はぜひやってみてください。

コメントを残す